top of page

銅版画 

SAKIE OGURA
小倉​

ひとりになった部屋で時計が時を刻む音を聞く

壁を這う小さな蜘蛛に名前をつける

ヒヤシンスの根が出るのを心待ちにする

いつの間にか薄暗くなった部屋に雨音が響く

鳥籠の鳥がうるさく何かを訴える

しおれた花をいつまでも放っておく

足元の犬が寝息を立てる

傾いた太陽が部屋の隅を照らす

椅子にかけられたカーディガンがその主の帰りを待つ

 

ふとした一瞬に心揺さぶられ

孤独、葛藤、喜び、悲しみ、様々な想いが往来する

私の居場所である小さな世界

その象徴であるダイニングをモチーフに描いています

並べた昔ばなし_edited.jpg
bottom of page